FC2ブログ

ロンドン日本人学校公式ブログ

ロンドン日本人学校の”今”を伝えます

2学期始業式を終えて(後編)

(「中編」からの続きです)

小6A T.H.
1・戦争をくり返さないために知っておかないとダメ。
・戦争はだれかをふこうにする。
・8月15日 日本の戦争が終わった日
2・ぼくは、戦争はもうしないために、いろいろと知りたいと思った。それは、今、原子爆だんなどとおそろしい兵器が多いから、ぼくは、戦争を完全になくしたいと思います。

中1A T.S.
1・日本の終戦記念日 8/15
・日本はどんな国か
・海外から見た日本
2・運良くイギリスにいるのだから、イギリスから見て日本はどのような国なのかを、もっと考えていきたい。そのようなことを、今まで考えたことがなかったので、新しい発見があるかもしれない。

中1A M.S.
1・戦争の話
・日本はどんな国か
・これからの行事
2・「日本はどんな国か」と問われたら、難しいと感じた。何も考えずに今まで住んでいた自分の国は、日本人としてわからなくてはならないと思った。イギリスにいるからこそわかる日本の良い所をたくさん見つけていきたいと思った。また、戦争の様子をくわしく知りたいと思った。

中1A R.H.
1・戦争
・2学期の活動について
2・私は小学5年生まで戦争の話を聞いたりするのが苦手でした。しかし、小学6年生の時、総合学習で戦争について学ぶことになりました。その時、戦争は二度と起きてはならないんだ、二度と起きてはならないから、後世に伝えなきゃと思いました。これからも戦争について理解していきたいです。

中1A M.N.
1・日本とイギリスの視点から物事を見る。
・2学期も「貢献」を意識して文化祭に取り組む。
・戦争でどうすれば良かったのか。
2・私はロン日の人達がクラスによく貢献していると思います。人数が日本の学校よりも少ないのもあると思いますが、「手をぬく」という事があまりなく、クラスでやる物は皆頑張るという印象があります。これはロン日の長所なので、大人になっても忘れないでいたいと改めて思いました。校長先生は、私たちは日本とイギリスの視点から物事を考えることができる、とおっしゃいました。確かに、日本語を勉強している外国人の方が日本に詳しかったりします。私たちは親付きで留学しているようなものです。現地でしか味わえない事をしっかり吸収して、活かしていきたいです。

小6B K.O.
1・終戦記念日をこれからに生かすということ。
・戦争からは何も生まれないということ。
・戦争ではない別の方法での解決が重要だということ。
2・目的をとげるために戦争という方法ではなく、別の方法で平和に解決することが重要だということを学びました。

小6B A.I.
1・戦争について考えることもあったが、これからは深いところまで考える。
・いろいろなことにチャレンジしていく。
・文化祭についてをがんばる。
2・終戦記念日のことを、今年はわすれていた。終戦記念日に流れた玉音放送の意味を調べようと思った。原爆ドームでも考えさせられた。戦争を語る負の遺産が、ポーランドにある。それを見て考えたい。これからいろいろなことにチャレンジしていきたい。

小6B K.S.
1・戦争を防ぐ方法
2・戦争は、けんかみたいな物だと思った。自分の心の中にはいろいろな気持ち(人)があって、それでも自分のプライドを保つために戦うからだ。でもそれでたくさんの人を失っていくのは悪いことだと、日本が一番知っていると思う。そして来年は、東京オリンピックがある。勝ったアメリカ等は失敗ではなく成功で、まだ戦争という手段が残っている人もいるかもしれない。ちょうどシーズンの終戦記念日で、世界中から物事の解決の方法として戦争を消すことができたらいいと思う。

小6B N.S.
1・二学期もチャレンジをする。
・戦争をふり返って
・日本とイギリスの違い
2・今までは戦争は恐ろしいからあまりくわしくは聞きたくなかったけれど、戦争を知る事でもう二度とそんな事をしないと思うことができるから、もっと知ろうと思いました。また、どのようにしたら良いかを考えようと思いました。学校の教育目標の国際社会だから、もっとイギリスと日本の違いを知っていきたいです。

小6B A.M.
1・2学期もチャレンジ
・終戦記念日
・日本とイギリスの違い
2・私は、日本をイギリスにしょうかいするとしたら、どのようにしょうかいしたらいいのかと思ったとき、あまり考えたことがないと気づきました。特に日本にいるときは、日本について考えたことがなかったです。でもこうして思ってみると、日本は豊かな国で安全な国だと思います。他国に比べて戦争もなく争いごとも少ないと思います。それは終戦記念日にもつながっていて、今、安全なのは昔につらい思いをした人がたくさんいるということで、その人たちのためにもなにかできることはないかと、これからさがしていきたいです。

○始業式では、全学年向けに「今学期の学校の取組」、その後高学年以上向けに「戦争から考える」と題し、終戦記念日を取り上げ、教育目標を枕に国際理解の考え方についてのお話をしました。今回の話の骨子は、「学校だより」にも掲載しています。やや難しい内容でしたが、内容を良く捉え、自分の意見を書ける児童・生徒は私の予想を超えており、驚かされました。
○全員が同じ話を聞いていますが、児童生徒自身が自分の中で再構成し、書いてきた内容は多様です。教育の面白さ、また難しさを感じるところでもあります。
  1. 2019/09/02(月) 08:32:30|
  2. 未分類