FC2ブログ
  • 1月12日(日)、中学部1・2学年の希望者による外部テストが行われ、14名の生徒が受験しました。... 続きを読む
  • 1月7日(火)、3学期始業式の後、小学5年生以上の児童生徒は教室に戻り、短い時間で「始業式を終えて」を記入しました。この取組は、聞いた話を要約したり自分の考えを組み入れた文章を短い時間でまとめることを通じ、思考力・表現力等の向上を目指すものです。内容は、「1 今日の校長先生のお話の中で、印象に残ったことを箇条書きで書きましょう。」「2 上記の中で、これからの自分に活かしてみたいと思うことを、文章で書... 続きを読む
  • (「前編」から続きです)小5A M.O.1・東京オリンピック、パラリンピック・全員が自己ベスト2・東京オリンピックを、たぶん私は実際に見ることはできないと思います。けれど、英国から応援したいと思います。全員が自己ベストをつくすことは、学校の行事でも大切なことだと思います。たとえば文化祭は、誰か一人でも手をぬいてベストをつくしていなかったら目指している「最高のげき」にはならないと思います。現地校交流、文... 続きを読む
  • (「中編」からの続きです)中1B R.T.1・東京オリンピック・オリンピックと平和・今年の目標2・今年の目標は、夜8時に寝る。そして、4時から勉強。一時帰国のときのジェットラグを利用して、勉強に取り組む。スマホを使ってしまうと集中力が切れてしまうので、朝やる。中1B T.H.1・今年にあること(オリンピック)・目標・1年のしめくくり2・今年は東京でオリンピックがあります。僕は十月に日本に一時帰国をしました。... 続きを読む
  • 2学期終業式の後、小学5年生以上の児童生徒は教室に戻り、短い時間で「終業式を終えて」を記入しました。この取組は、聞いた話を要約したり自分の考えを組み入れた文章を短い時間でまとめることを通じ、思考力・表現力等の向上を目指すものです。内容は、「1 今日の校長先生のお話の中で、印象に残ったことを箇条書きで書きましょう。」「2 上記の中で、これからの自分に活かしてみたいと思うことを、文章で書きましょう。」... 続きを読む
  • (「前編」から続きです)小6A H.K.1・能力をひとりじめしない・与えられる人から与える人へ・節目にふり返りをする2・与えられる人から与える人へという言葉が印象に残りました。ぼくはまだ子どもだけど、低学年の見本にはなれたのかと思います。特にフレンドリー活動では一年生と仲良くしたり、だめなことは注意したりできました。また、年上のお母さん、お父さんや知らない人でも荷物を持ったり、手伝いをしたりできるよう... 続きを読む
  • (「中編」からの続きです)中1B M.F.1・自分のできる事を増やし「自立」し、クラスなどに生かし「貢献」する。・大人になるという事は「与えられる人」から「与える人」になっていくこと。・自分の目標の人物、大切な人に伝える、小さい頃の自分がほこれる、ことができているか。2・今学期は、自分自身の不注意のためケガをし、すべての事で手伝ってもらわないといけなくなってしまい、「与えられる人」となっていた。しかし... 続きを読む
  • ロンドン日本人学校が、開校以来発刊してきた児童生徒文集「緑と霧と」の第43号が発刊されました。表紙、「刊行に寄せて」「編集後記」を御紹介します。「緑と霧と」刊行に寄せてロンドン日本人学校  校長 石山 秀樹 この文集「緑と霧と」は、今号で第四十三号を迎える。校長室には第一号の「緑と霧と」があり、そこには、やっと開校を迎えたロンドン日本人学校に通った、当時の小四から中三までの児童生徒の様々な思いが手... 続きを読む
  • 2学期の、そして、今年の最終授業日を迎えました。冬休みを前に、図書館では朝一番から本を借りる人で大賑わいでした。... 続きを読む
  • 第3校時のいくつかの授業にお邪魔しました。小5Aは器械運動・台上前転の練習。小6Bは理科つり合いの学習で「モビール」を作成中。小2Bは算数、掛け算の工夫でした。... 続きを読む

ロンドン日本人学校公式ブログ

ロンドン日本人学校の”今”を伝える公式blogです

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

日本語→英語 自動翻訳

English
♥. ♠. ♣Alice
by Google translation

検索フォーム